ナットレイ 育成論

   2018/02/25





598
タイプ:くさ/はがね
特性:てつのトゲ
種族値:74/94/131/54/116/20

◆概論

特徴

全ポケモンの中でも屈指の耐性と美しい種族値配分を誇る耐久ポケモントップメタ的存在です。
炎タイプ4倍という致命的な弱点を持ちつつも、氷の効かない草タイプとして水タイプに対して非常に安定した繰り出しが可能です。その他、電気タイプやフェアリータイプといった特殊に対する繰り出しが基本となるため、特殊耐久に特化するのがテンプレとなります。
とは言え、H振りだけでも元々の耐性がいいので、よっぽど補正がかかった攻撃でない限りは余裕をもって耐えることができるため、物理耐久に多めに努力値を回しておくことで、HPさえ温存しておけば後出しこそ出来ないもののメガボーマンダの『すてみタックル』を半分程度のダメージで抑えることができるため、特性『てつのトゲ』でダメージスリップを入れつつ『でんじは』でケアしていくという具合に立ち回りに幅を持たせることができます。

また、『こだわりハチマキ』を持たせて高威力の『ジャイロボール』で負担を掛けにいくのもいいでしょう。ナットレイが最遅の場合、相手の素早さが132以上であれば威力150となり、その火力は無振りのメガボーマンダを最低8割削るほどです。
しかしながら、残りの技が草タイプ他低威力の技がほとんどなので、鋼の一貫性が取れるまでは扱いづらく、威力が変動する技なので安定感にかけます。
さらに、足が遅すぎて速さのアドバンテージをもってその威力を奮うことができず、基本的に交代際にしか叩き込めないのが辛いところです。
耐久に割く努力値も少ないことから、耐性上雨に強いですが、キングドラの珠補正ありの『ハイドロポンプ』で4割削られてしまうため、十分な仕事をこなされてしまいます。
雨に役割を持たせるのであれば、見かけ上の雨耐性だけでなく、しっかりと努力値を振って余裕をもって耐えられるようにしておきたいところです。

対策

基本的には炎技を当てれば死にますが、『めざめるパワー炎』の場合、特防特化されるとカプ・コケコ程度の特攻では半分削るのがやっとという訳のわからない耐久力となるため注意しましょう。大文字などの威力の高い炎技であれば安心です。
また、水タイプに繰り出すと『ねっとう』で火傷しない試合はないってぐらいいつも火傷しているので、ナットレイを呼ぶ水タイプのポケモンには熱湯を覚えさせましょう。
うっかり『でんじは』を覚えるため、ボーマンダなど草に耐性を持つ崩し性能の高い決定力を迂闊に投げることができません。繰り出すときにはしっかりと攻撃技のタイミングを見切りましょう。
サンダーやボルトロスであれば、耐性から『やどりぎのタネ』以外のほぼすべての攻撃に対して繰り出しが安定します。



◆技考察

・攻撃技

パワーウィップ:

命中に不安がありますが、水や電気に等倍以上で殴ることができる役割遂行技です。威力が高いため、Aにあまり振らなくてもいいダメージが入ります。

タネマシンガン:

身代わりを張るスイクンなどに身代わりを割りながらダメージを与えることができます。1発のダメージで身代わりを壊せるようにA実数値を調整しておきましょう。

ジャイロボール:

最遅であれば相手のポケモンのS実数値が132以上であれば『はかいこうせん』と同等の威力150を命中100%の技として撃つことができるため、鉢巻補正があれば威力がとんでもないことになります。フェアリーへの遂行技としても優秀です。

アイアンヘッド:

威力は常に80ですが、だいたいS実数値70以下のポケモンに対してはこちらのほうが通ります。麻痺の効果がショボくなってしまったため、まひるみが狙いにくくなってしまいました。

じならし:

電気から炎へ一貫します。Sを下げる効果もあるため、控えのサポートにもなります。

はたきおとす:

草鋼がどちらも悪に等倍なので、半減されにくく一貫性の高い技です。初撃の威力が高いのも嬉しいです。

だいばくはつ:

鈍足を利用し起点にされかねないことから自主退場によりそれを防ぎます。

・補助技

やどりぎのタネ:

再生回復技がないため、自身の回復ソースに役立ちます。後続のHPも回復できるため、疑似的に構築単位の耐久が上がります。

みがわり:

宿り木とも相性が良く、また流し際に張ることで読みの比重を減らすことができます。耐久が高いため、熱湯ぐらいなら身代わりが耐えるでしょう。

でんじは:

弱体化こそ痛いですが、相手の後続に撒いてこちらの控えの降臨をサポートします。地面は草技のおかげで呼びにくく、一貫性は高めです。キングドラに対してA無振りではウィップで半分しか削れないため、麻痺させることで機動力を奪う形での遂行でもいいでしょう。

ステルスロック:

繰り出し性能が高いので撒きやすいです。

◆型考察

・役割遂行型

性格:なまいき or ゆうかん
努力値:HD
持ち物:たべのこし/オボンのみ/ゴツゴツメット/きれいなぬけがら
技構成:やどりぎのタネ/でんじは/ステルスロック/ジャイロボール
選択技:タネマシンガン/パワーウィップ

性格補正で素早さを落としている理由はジャイロボールの威力を高めたいからなので、ジャイロが不要の場合は慎重や意地でいいです。
対雨を想定しつつ、水や電気に役割を持つために特殊耐久に特化させています。序盤は宿り木で流していれば十分ですが、草に決定打がないため構築と相談しながらタネと鞭を仕込みましょう。

・鉢巻型

性格:ゆうかん
努力値:HA
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:ジャイロボール/パワーウィップ/はたきおとす/じならし
選択技:だいばくはつ

耐久にガッツリ努力値を回せないので対雨に対する繰り出し性能が落ちますが、耐久水に対しては余裕をもって繰り出せます。
注意しなければならないのが、熱湯で火傷を貰うとただのお荷物にしかならない点です。
常に火傷の危険性のある水を仮想敵に設定しているため、宿り木など攻撃数値が低くても動ける技がなく、『はたきおとす』以外の技の一貫性を取りにくいところに型としての未熟さが伺えます。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。