スイクン 育成論

   2018/02/25





245
タイプ:みず
特性:プレッシャー
種族値:100/75/115/90/115/85

◆概論

特徴

物理・特殊ともに高水準の耐久を誇るポケモンで、総合耐久力では水タイプトップでしょう。
配信限定ではありますが、『ぜったいれいど』を使える個体も存在しており、ほぼすべてのポケモンに対して圧倒的な牽制力を働き、高い耐久を活かした零度連打で当たる確率を高めていくことができます。
第7世代になり、氷タイプ以外のポケモンが使用する絶対零度の命中率が2割になるというスイクンピンポイントな調整が入りました。まぁ結局は当たるか当たらないかってだけの話ではありますが。
また、瞑想を習得できるので場合によってはスイクンを突破できる状況を失くし相手を詰ませられる可能性があります。

他の水タイプと違い、再生回復技を覚えることができず、回復する場合は『ねむる』に頼るしかないため、相手のポケモンと撃ち合いになり消耗してしまうことが多く、採用理由の決め手に欠ける印象を受けます。しかしながら、『とつげきチョッキ』の登場で、物理耐久だけでなく特殊耐久を高められるようになりました。
チョッキを持たせた場合、特防が無振りでも霊獣ボルトロスの10万ボルトが5割強で済んでしまうため、等倍の特殊技ではびくともしなくなります。その結果タイマン性能が高まり結果的に絶対零度の試行回数を増やすことにもつながります。
水タイプはタイプ相性の関係上、岩や地面タイプへの遂行を要求されることが多く、努力値のほとんどが物理耐久に割かれます。スイクンを物理耐久に特化した場合、カバルドンより一回り耐久が低いのでカバルドン以上にメガボーマンダに安定しません。と言うよりも、もし物理型で『すてみタックル』を受けるとすると、繰り出し時のステロダメージで約6割HPを失ってしまうので受けが成立しないどころかそのまま突破を許してしまいます。
一昔前はオボンを持つことで拘りドラゴンと確実に1:1交換ができていましたが、数値受けだからとメガボーマンダに繰り出してしまうと貴重な駒を失うことになるので、型が判明するまではボーマンダには繰り出さないようにしましょう。耐性ではなく数値で満足するのはおそらくクレセリアだけでしょう。

対策

たとえ相性がよかろうが絶対零度が当たれば一撃で倒されてしまうため、スイクンに役割を持つのは難しいですが、エアームドであれば特性『がんじょう』で絶対零度を無効にでき、その他の技が有効打とならず吹き飛ばしで瞑想をリセットできるので、あらゆるスイクンを安全に流すことが可能です。ただしエアームドからも決定打がないので、瞑想眠るで突破されてしまう可能性も孕んでくることから、メガボーマンダ同様にラス1に残さないように心がけましょう。
物理特殊ともに耐久に優れるポケモンなので、繰り出されないようにするのは困難です。先発で零度を連打されることもあります。なので、エアームドがいない場合は、構築の段階でエースがスイクンを倒せるHP圏内に如何に蓄積するかをシミュレーションしておきましょう。そうすることで無駄に零度の試行回数を与えず、少ないリスクで処理できるはずです。その際は、眠るやチョッキなど色んな要素を考慮しておきましょう。チョッキだったらエースでも若干数値足りないかもしれないけど毒で粘れるし、そうじゃなかったとしたら普通にエースで勝てる、などなど。



◆技考察

・攻撃技

ぜったいれいど:

色違いでプレシャスボールに入っていたら零度を覚えた個体です。エアームドがいなければ一貫性はずば抜けて高く、2回当たれば形勢は大きくこちらに傾くでしょう。

ねっとう:

特攻が低く雨補正もないので、ニョロトノと違い火力は低いですが、特にナットレイに火傷による負担をかけることができる優秀な遂行技。

ハイドロポンプ:

エアームドに手も足も出ないと書きましたが、メガネを持たせればエアームドが2発で倒せるので誘い殺す役割破壊ができます。その代わり役割がおろそかになり汎用性を落とします。

れいとうビーム:

タイマンであればドラゴンに強くなりますが、無振りではステロ込みでようやくメガボーマンダを確定一発にする程度の火力です。

こごえるかぜ:

冷凍に比べて確定数が落ちますが、素早さが上がっていく系のポケモンに隙を見せなくなります。

めざめるパワー電:

同族やギャラドスとの撃ち合いに強くなり、水タイプからエアームドに一貫しますが、繰り出された後は熱湯と同じ威力です。

しんそく:

零度同様配信限定です。攻撃に振らないので抜きには使えず、ミリ耐えを縛る技になります。技スぺに余裕が生まれうるチョッキ型で採用できるかどうかでしょう。

ミラーコート:

チョッキ補正で、不一致抜群程度であれば程よくHPを残すことができるので採用する価値はあるでしょう。どうしようもない特殊の対策として立ち回りの幅を広げます。

・補助技

めいそう:

HPを維持するのが難しいので眠るとセットになりがちですが、流れ次第で瞑想を積めば相手が詰む場合もあり、勝ち筋になる可能性があります。

ねむる:

唯一の自力で回復する手段となります。採用理由的には微妙ですが、寝言と併用して零度の試行回数を稼いでもいいでしょう。

ねごと:

ねむねごギミックで零度を引き当てましょう。隙は大きいですが、当たれば起点にはなりません。

ほえる:

相手の積み技を抑止したり、エアームドより早く吠えることができます。

どくどく:

エアームドには無効ですが、どくまも戦術で幅広く戦ったり、単体で同族に刺せる技として使うことができます。強引に居座ってプレッシャーでPP切れを狙うこともあります。

まもる:

毒・食べ残し・プレッシャーと好相性の技です。素早さの高い個体を使うと効果的です。

みがわり:

守る・身代わりを連打して毒ダメージを稼ぎましょう。

◆型考察

・役割遂行型

性格:ずぶとい
努力値:HB
持ち物:たべのこし/オボンのみ/とつげきチョッキ/ゴツゴツメット/カゴのみ
技構成:ぜったいれいど/ねっとう/れいとうビーム/ほえる
選択技:どくどく/ミラーコート/ねむる

岩や地面タイプに対して役割を持っていくスタンダードな型です。とにかく繰り出して絶対零度の試行回数を稼ぐことで相手にプレッシャーを与えることができます。HP管理が非常に難しいので、眠るやオボンで回復したり、願い事でサポートするのもアリでしょう。
チョッキを持たせるのであれば、サザンドラなどの火力ポケモンからの被ダメを見ながら多少特防に努力値を回すとより効果的です。

・めいそう型

性格:おくびょう/ずぶとい
努力値:HS or HB
持ち物:カゴのみ
技構成:めいそう/ねむる/ねっとう/れいとうビーム
選択技:ハイドロポンプ

序盤に遂行するか、温存気味で瞑想を積んでいくかを決めておかないと過労死します。素早さがない分勝ち筋としての決定力に不安があり、いざ実践となると運用は難しいように思います。

・どくまも型

性格:おくびょう
努力値:HS
持ち物:たべのこし
技構成:どくどく/まもる/ねっとう/みがわり

水タイプやヒードランに対しては耐久に問題はないので、それ以外のポケモンに速さのアドバンテージを取れるよう最速で運用していきます。熱湯と毒は相性こそあまり良くありませんが、役割遂行技として、また呼ぶナットレイやエアームドに少しでも効果的な技が必要だったので採用しています。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。