サンドパン 育成論

   2018/02/25





028
タイプ:じめん
特性:すながくれ
夢特性:すなかき
種族値:75/100/110/45/55/65
028a
タイプ:こおり/はがね
特性:ゆきがくれ
夢特性:ゆきかき
種族値:75/100/120/25/65/65

◆概論

特徴

ラナキラマウンテンにて発見された、サンドパンの”アローラのすがた”。
地面タイプから氷鋼タイプへと変化し、特性も砂嵐から霰関連へ、種族値も無駄がない配分へとテコ入れされました。
従来のすがたとアローラのすがたどちらも採用理由がある場合にはどちらの育成論も書くつもりですが、サンドパンのようにどちらかのすがたに採用理由が見いだせない場合、片方の記事しか作成しないので予めご了承ください。
ちなみに、従来のすがたは、カバルドンやドリュウズを差し置いて採用するメリットが浮かんでこなかったので、現状活躍の見込まれる『ゆきかき』に注目したいと思い、今回はアローラのすがたでの育成論に着手しました。

現段階では、特性『ゆきかき』を持つポケモンはツンベアーを含めて2系統しか存在せず、その中でも、鋼タイプに起因した耐性と素早さの高いのがサンドパンの特徴です。対するツンベアーは素早さ種族値が50しかないもののA130という高い攻撃力が特徴です。
物理耐久が高いので、弱点さえ突かれなければ対面で『つるぎのまい』を確定舞できそうですが、氷タイプが入ってしまった故の炎格闘4倍弱点と、メジャーな地面弱点が足を引っ張ります。
フェアリータイプに対しても強いですが、特殊耐久は並み以下で、砂嵐下の岩タイプのように特防が上がることもなく、ガッチガチに有利というわけでもありません。
そのため、ドリュウズのように繰り出し性能を利かせながら強引に場に出ていくというプレイングをするよりも、堅実にキュウコンなどの『ゆきふらし』持ちから繋ぐのが理想です。幸い、新技『オーロラベール』により、霰下で発動すれば両壁と同じ効果を得られる技が多くの氷タイプに配られているため、剣舞を使いやすい状態で場に出すことが可能です。
氷技は、ボーマンダやボルトロスといった飛行タイプを持つトップメタに対して刺さっているので一見すると攻撃面に優れたタイプに思われがちですが、鋼や水といった役割遂行を生業とするポケモンが多く存在するタイプに悉く半減されてしまうため、抜き性能を発揮するのが非常に難しく、雨や晴れと違い火力補正もないので、素の攻撃が高いドリュウズに比べると、霰エースは非常に向かい風と言えるでしょう。
ここまでディスってばかりな気もしなくはないですが、特筆すべきことは特になく、しっかりと蓄積を入れてから抜き態勢に入るという抜きエースの基本的な立ち回りを求められるポケモンなので、技考察の部分をよく読んで構築に取り入れてください。

対策

技範囲がさほど広くないので、エアームドで止まります。
また、最速実数値が256なので、特殊スカーフ持ちで十分切り返せるはずです。
しかしながら、オーロラベールからの展開となると、物理技での返しでは耐えられてしまうことが多く、一度積まれた場合に勝ち筋を残せるかどうかを意識しながら立ち回りましょう。



◆技考察

・攻撃技

つららおとし:

メインウェポンですが、命中率が90%とあまり信用できない技です。氷タイプよりも鋼タイプの通りを良くした方が戦術的に安定するように思います。

つららばり:

命中安定ですが、威力変動技のため威力50止まりになる可能性もあります。こちらの魅力としては、襷や身代わり、化けの皮を剝がしやすいことが挙がります。

アイアンヘッド:

フェアリーへの遂行技であり、メインウェポンでもあります。安定しにくい氷技よりもこちらを重視して立ち回りましょう。地味に怯み技なので、常に低確率で勝ち筋が残ります。

じしん:

氷鋼を両半減する炎や鋼タイプに対して範囲を広げるサブウェポンです。不一致で思ったより火力が出ないため、与ダメ計算必須です。

いわなだれ:

ボーマンダから後続に一貫しやすい怯み技です。技範囲としてはリザードンぐらいにしか拡張できず、微妙です。

きゅうけつ:

クレセリアに抜群を取りながら回復できますが、舞っても5割入るかどうかでしょう。ただ、舞えばZ化することでクレセリアの突破が見えてくるので、選択肢としてなくはないです。コオリZ+氷柱落としでも突破可能(舞えば)です。

・補助技

つるぎのまい:

抜き性能を発揮するためには必要不可欠な技なので、優先して採用しましょう。舞えば勝てるかもです。

・Z技

レイジングジオフリーズ:

クレセリアやエアームドといったサンドパンを止めてくる物理数値受けに対して、既に舞った状態で後出しされた場合に『つららおとし』からの追撃で勝てます。即効性がない代わりにムシZよりも有効範囲が広いです。

ぜったいほしょくかいてんざん:

クレセリアだけを意識するのであれば、舞ったターンに呼ばれてもそのまま勝てます。吸血強化です。

◆型考察

・霰エース型

性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS
持ち物:いのちのたま/コオリZ/ムシZ
技構成:つるぎのまい/つららおとし/アイアンヘッド/じしん
選択技:つららばり/きゅうけつ/いわなだれ

珠であればすべての技を強化できます。素早さに補正をかけるかどうかは、現環境において、抜かれるときはどうせ抜かれてしまうため、パーティ全体の速度とも相談しつつ意地安定のように思います。
絶対捕食を使わないのであれば、上4つでいいでしょう。氷柱針はコオリZを採用する場合に威力が落ちます。








>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。