ズガドーン 育成論

   2018/02/25





タイプ:ほのお/ゴースト
特性:ビーストブースト
種族値:53/127/53/151/79/107

◆概論

特徴

コードネーム”BURST”
USUMで登場した新たなウルトラビーストのひとつ。
BWより存在しているシャンデラと同じ炎霊複合でありながら、攻撃的パラメータACSの全てがシャンデラを上回っています。
シャンデラには、特性『もらいび』、素の耐久で繰り出し性能に水をあけられ、特性『すりぬけ』で身代わりや壁を貫通して確実に相手にダメージを与えることができるという点で差別化されていますが、耐久に関してはお互いステロのダメージが響くことから実際の耐久は数値より下回ってしまう分、ACどちらも高水準のズガドーンは崩しの性能に重きを置くことが出来るでしょう。
何気に専用技を持っており、最大HPの半分を削って大ダメージを与える威力150の炎特殊技『ビックリヘッド』を上手く使っていきたいところです。『だいばくはつ』に加えて自主退場もしやすく起点になりにくい技としても利用できそうです。

後出しができる耐久がないため、とんボルトや死に出しで有利な対面状況を作って、高火力技で崩していくというのが基本的な運用方法になるかと思います。
ビックリヘッド及びビックリヘッドZの火力が非常に高く、炎を半減してズガドーンよりも速く動けるポケモン若しくは、炎霊をきっちり受けきることが出来るポケモンにフォーカスを当てて上手く役割破壊していきましょう。
また、S107とさほど高い素早さではないので、抜き性能が欲しい場合には『こだわりスカーフ』や『ニトロチャージ』で補うのもアリです。
ちなみにステロが入れば、無振りボーマンダであれば呼び際のニトチャ+ビックリZ(威力200想定)で返り討ちにできます。

対策

C151からの高火力炎技が非常に厄介です。
また、炎霊の耐性が地味に優秀で、物理耐久こそペラペラですが、神速バレットマッパ礫といった先制技にも強いです。
バンギラスのように炎霊を両半減するポケモンや、炎が効きにくいヒードランや水タイプで特殊耐久も高いポケモンであれば、シャドボの被ダメも抑えることが出来るため後出しは可能でしょう。
しっかりと役割を持てるポケモンがいなければ、高火力に沈められて1:1交換されやすいので、役割を持てないにしても死に出しから制圧できるポケモンを控えさせておきましょう。
特攻が高すぎるのでブースト時に素早さが上がらないのは不幸中の幸いでした。



◆技考察

・攻撃技

ビックリヘッド:

ズガドーン専用技で、威力150という圧倒的火力を誇ります。
コストとして最大HPの半分が必要で、自主退場技としての立ち回りもできますが、連打はできません。
Z化することで威力を上げつつ一度だけコストを踏み倒すこともでき、メガボーマンダのように数値がそこまで高くないポケモンであれば半減されようが6割強は削り取ることが可能です。

だいもんじ:

オバヒも習得しますが、ビックリヘッドにはない連打という個性も活かせる高威力技は大文字です。
C補正文字ZとC無補正ビックリZではC補正文字Zのほうがやや威力が高いようです。

シャドーボール:

半減されるタイプが悪のみなので、一貫性を作りやすく撃ちやすい一致技です。
無振りのメガボーマンダにC201から2発で倒せますが、先手を取りたいのであればスカーフが必須です。

サイコキネシス:

C無補正のビックリZでステロ込みでH振りメガフシギバナが吹き飛ぶことから仮想敵はバシャーモになりそうですが、フレドラでも最低6割は入るので役割を持てません。

めざめるパワー氷:

S負けしているため交代際にしか撃てませんが性格関係なくC252振っていれば無振りメガボーマンダなら超高乱で一撃で倒せます。
他に4倍を狙えるランドロスに対しては、ビックリヘッドの威力が150の都合めざ氷とビックリがさほど変わらない上に、耐久に振られるとめざ氷でも耐えられてしまうため、あまり旨味のないめざパでしょう。

めざめるパワー地:

H振りヒードランは落としきれないものの8割は入るので、受けを成立させません。

めざめるパワー闘:

ヒードランに対してはシャドボと同威力ですが、代わりにバンギラスに刺さります。
と、言いたいところでしたが、3V確定な以上は使用可能な個体が入手不可能ですね。
使用できれば、H振りのバンギラスまでギリギリ確2圏内です。

ニトロチャージ:

能動的にSを上げる手段のひとつ。
A種族値も高いので威力は馬鹿にできず、威嚇をもらったあとのボーマンダに15%入るため、6割入るビックリZと併せてステロ込みで倒せます。

はたきおとす:

ハピナスの持ち物を破壊する他、『だっしゅつボタン』を不発にできる点が強いです。
技スぺに余裕があれば採用の余地はありそうです。

だいばくはつ:

HPに依存せず自主退場ができます。
爆発Z→大爆発でハピナスが倒せるので、頭の片隅に置いておくぐらいは問題ないでしょう。

・補助技

おにび:

ヒドラハピに対してはアドが見込めませんが、ボーマンダ、バンギラスに刺さります。

めいそう:

中途半端なSと対面で積める耐久はありませんが積めればかなりの火力が出ることでしょう。

いたみわけ:

ビックリヘッドとの相性がパッと見いいですが、ビックリヘッドがかなりダメージを与えられる技なので、あまり回復量が見込めないのと、どっちみち返しの攻撃で瀕死になるので2サイクル以上動くことが前提になりそうです。

トリック:

スカーフで素早さを補うのであれば、起点作りに一役買いそうです。
上手くハピナスに押し付けていきたいところですが、ボーマンダなどのメガストーン持ちに注意が必要です。

・Z技

ダイナミックフルフレイム:

ビックリヘッドor大文字強化。
Cが非常に高く、半減できないポケモンであれば一撃で落とすのも容易い火力が出せます。

むげんあんやへのいざない:

シャドーボール強化。
ゴーストタイプの一貫性の作りやすさを活かして負担を掛けていきます。
ホノオZには威力で劣るものの、半減されにくいので安定します。

ウルトラダッシュアタック:

だいばくはつ強化。
ハピナスピンポみたいなところはありますね。

◆型考察

・Z役割破壊型

性格:おっとり/せっかち
努力値:CS
持ち物:ホノオZ/ゴーストZ
技構成:ビックリヘッドorだいもんじ/シャドーボール/ニトロチャージ
選択技:めざめるパワー地/だいばくはつ/おにび/みがわり/はたきおとす

ニトチャで素早さを上げつつZ技で崩しにかかります。
ニトチャを使わない場合には攻撃に下降補正をかけてもいいでしょう。

・スカーフ型

性格:ひかえめ
努力値:CS
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:だいもんじ/シャドーボール/めざめるパワー地/トリック
選択技:ビックリヘッド/だいばくはつ

シャドボの通りの良さを活かして、スカーフで制圧していきます。
相手のポケモンを倒すことが出来れば、ビーストブーストで火力も上がるので、終盤の制圧力は侮れないでしょう。
スカーフトリックも可能なので、起点作りにも一役買いそうです。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。