カプ・ブルル 育成論

   2018/02/25





787

タイプ:くさ/フェアリー
特性:グラスメイカー
種族値:70/130/115/85/95/75

◆概論

特徴

土地神のひとつ。
物理攻撃力に優れた、草複合を持つ新しいフェアリータイプです。
特徴は何と言っても、特性『グラスメイカー』とA130から繰り出されるウッドハンマーの火力でしょう。
ガブリアスと同じ攻撃種族値+フィールド補正を含めれば、持ち物なしの状態で鉢巻逆鱗と同火力となります。
意地っ張りな性格であれば、物理耐久に特化しているポリゴン2に対して乱数2発で落とし得る指数のため、『こだわりハチマキ』を持たせれば受け不可能です。
とは言え、超火力が出るのはフィールド補正のかかる草技のみなので、半減されやすく、またフェアリータイプの物理最高火力『じゃれつく』を覚えないことから、崩しの能力はさほど高くないといった印象を受けます。
ちなみに、グラスフィールドは、『地面技の威力を半減』し、『接地しているポケモンの体力を毎ターン1/16回復(食べ残しと同等)』することができます。もちろん回復効果は相手も恩恵を受けることができますが、耐久種族値はそこそこあるため、まずは役割遂行をすることを意識した育成をしていきたいところです。

耐性的に、水、電気が主な繰り出し対象となります。素の物理耐久が高く、格闘にも繰り出しは効きますが、環境トップに食い込む格闘は、バシャーモやルカリオといった何れもブルルの弱点を突けるポケモンなので、遂行先は特殊方面を意識しましょう。
相性補完においてはヒードランと相性が良く、ヒードランが苦手な水、地面に安全に繰り出すことができ、ヒードランの4倍弱点である地面技を、フィールド補正で2倍まで落とすことも可能です。
ヒードラン自身耐久が高めのポケモンなので、一撃で倒される心配がなくなることで立ち回りに幅が生まれる場面もあるでしょう。
カプ・ブルルは繰り出しやすいポケモンではありますが、フェアリー技がないため、ドラゴンへの遂行に時間がかかってしまうことと、ドラゴン最強のメガボーマンダがどうしても重く、威嚇も加味すれば鉢巻ウッドハンマーで2割弱行けばいい程度のダメージしか見込めず、どうしても隙ができてしまいます。身代わりを張ろうにもハイパーボイス持ちではどうしようもありません。
相性補完においては相性のいいヒードランも、相手取ることになれば草タイプとしては非常に相性が悪く、S負けしているため草技に合わせられると流されざるを得ません。
他にも、エアームドやハッサムなど、草のダメージを極限まで落とすことができるポケモンを呼びますが、火力を奮わずとも『やどりぎのタネ』も使用でき、『グラスフィールド』の回復量も馬鹿にならず、素早さで勝っていれば完封することも可能です。
技構成や控えによるケアに気を付けて採用したいポケモンです。

対策

鉢巻まで考慮すれば、数値だけでウッドハンマーを受けることは不可能ですが、エアームドなど草を1/4に抑えることができるポケモンもいるため、ついでに役割を持てることもしばしばあるかと思います。
ちなみにエアームドであればHPに振るだけで3割弱で抑えることができるため、メガハッサムやメガボーマンダもほぼ同程度の被ダメで済みます。
素早いポケモンでもないため、タイプ受けで流しながら、エースの一撃圏内までどうにか蓄積を入れてしまいましょう。



◆技考察

・攻撃技

ウッドハンマー:

持ち物なしでポリゴン2が乱2で落ちます。反動ダメージは気になりますが、水や電気タイプから数値受けへ一貫する優秀な遂行技です。

ウッドホーン:

反動もなく、むしろダメージを与えながら回復を見込める草技です。撃ち合いになったときに重宝しそうですが、序中盤に動くポケモンなので、撃ち合いになりにくく使い勝手は良くないでしょう。

ストーンエッジ:

Z化すれば、威嚇込みでメガボーマンダに最低7割入るため、呼び際に撃てればステロ込みで高確率で倒せます。普通に撃つと、鉢巻でもエアームドが回復に間に合います。

がんせきふうじ:

Sを下げることで、宿り木でカモれる範囲を広げます。意地ASでも交代際に岩石封じを当てればギリでメガボーマンダを抜けます。

メガホーン:

宿り木も通らない草タイプを牽制します。虫等倍の草は少なくなく、思ったよりダメージは見込めないかもしれません。

しねんのずつき:

フシギバナといった毒への牽制技です。メガフシギバナには数値は足りないと思いますが、怯み効果のおかげでワンチャンぐらいはありそうです。

ばかぢから:

ヒードランやナットレイに刺さるサブウェポンです。連打できず隙の大きい技ですが、補完としては優秀でしょう。

しぜんのいかり:

エアームドに対して、怒り→Zエッジで役割破壊可能です。一貫性が高く、技範囲が微妙なポケモンなので、使いやすい技でしょう。

・補助技

やどりぎのタネ:

Zワザなしでエアームドに対抗できる手段足り得る技ですが、身代わりごと吹き飛ばされるため、麻痺も扱えるジャローダの宿り木ほどの突破力はないでしょう。

みがわり:

怒りやエッジといった択における読みの比重を減らす技として、また、宿り木とのシナジーを狙える技として、候補に入りやすい技です。

ちょうはつ:

攻撃技の枠がなくなりますが、エアームドに対して優位性を逆転できる技です。と言ってもこちらの攻撃技が通らない以上、宿り木とセットで採用しなければ効果は薄いです。

まもる:

やどみが+まもるで回復量が増しますが、技スぺを削ることになるため、ご利用は計画的に。

ふきとばし:

流し際に有効ですが宿り木と相性が悪く、怒りで削りを入れたほうがまだしも活躍しそうです。

・Z技

ワールズエンドフォール:

ストーンエッジをZ化することで、H振りエアームドに5割入りますが、B無振りは絶対数が少なく過信できません。単体で何とかしようとするのであれば挑発も欲しいところですが、エアームド自体低負担極まりないポケモンなので、こちらの決定力を投げれば決定力の保証はなされます。
交代際に撃てればステロ込みでメガボーマンダが高乱数で落ちるため、Zワザ候補としては優秀です。

◆型考察

・役割遂行型

性格:いじっぱり
努力値:HA
持ち物:たべのこし/こだわりハチマキ/イワZ/きれいなぬけがら
技構成:ウッドハンマー/ストーンエッジ/しぜんのいかり/ばかぢから
選択技:みがわり/やどりぎのタネ/がんせきふうじ

水電気への繰り出しから役割破壊を狙っていきたいです。
自然の怒り+Zエッジor馬鹿力で、エアームド、(慎重B無振りの場合)ナットレイは倒せますが、S負けするメガボーマンダ、ヒードランはブルルで倒すのは難しいでしょう。しかし、7割はダメージが入るため、味方の圏内に入れるだけの働きはできます。
身代わりで読みの比重を減らしてもいいですが、特殊ボーマンダを引いた場合にボイスで葬られるため注意しましょう。

・宿り木型

性格:いじっぱり/ようき/しんちょう
努力値:HS
持ち物:たべのこし/きれいなぬけがら
技構成:やどりぎのタネ/みがわり/ちょうはつ/ウッドホーン
選択技:ばかぢから/がんせきふうじ/まもる

Sに振る理由は単純に宿り木で勝てる相手を増やすためです。
宿り木の回復量と、身代わりのHP消費、S勝ちしてるかどうかが宿り木の強さなので、HPよりも特防に振って、特殊技の被ダメを意識してもいいでしょう。
かなり悠長に立ち回るため、いつボーマンダを投げられてもおかしくありません。役割遂行型よりもケアに注意して構築したいところです。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。