カプ・レヒレ 育成論

   2018/02/25





788
タイプ:みず/フェアリー
特性:ミストメイカー
種族値:70/75/115/95/130/85

◆概論

特徴

土地神のひとつにして、3種類目の水妖複合タイプを持つポケモンです。
種族値の配分は耐久に優れていますが、HPが低めな設定となっているため、物理の決定力に繰り出しやすい同じく水タイプのヤドランよりも物理耐久指数が劣ります。
具体的にはメガボーマンダの『すてみタックル』がほぼぴったり2発圏内となってしまうことから、耐性も活用して役割を持たせなければ遂行すらままならない他、Zワザ以外の回復手段が無いため持ち物の自由度がありません。
しかしながら、フェアリー複合のため他の水タイプには真似できないドラゴン無効化により、ボーマンダ以外のドラゴンタイプからのダメージは比較的抑えることができるうえに、特殊耐久にも優れることからサザンドラを完璧に近い形で完封することが可能です。
また、特性『ミストメイカー』により、自身が『どくどく』を撃ちにくくなってしまうものの、接地しているポケモンに対し状態異常を無効化できるミストフィールドを展開できるため、他の耐久ポケモンにありがちな毒による間接的役割破壊をされずに立ち回ることができます。
回復技としては一度だけHPを完全回復できる『Zくろいきり』を使うのが基本であり、『くろいきり』を持つことでバトン構築に対する効果的な対策とするだけでなく、サザンドラやバシャーモといったトップメタに対して役割を持たせることも可能です。
同じく黒い霧を習得する水タイプのシャワーズよりも、耐久指数及び、相手のHPを半分削る手段を持ち合わせていることから単純火力において上回りますが、欠伸や願い事といった控えのポケモンに対する貢献度ではシャワーズに軍配が上がります。

具体的な採用理由のないアシレーヌはともかく、同タイプのマリルリとの差別化要素として、マリルリで役割を持てるポケモンに対して一層安定して繰り出すことができる点と、バトン構築に対して黒霧による対策が可能という点が挙げられます。また、鉢巻持ちのマリルリ同様に『しぜんのいかり』によって負担を押し付けることもできます。
逆にマリルリは、『アクアジェット』により、バシャーモやドリュウズ、メガバンギラスといった水が効果抜群なポケモンを筆頭に抜きエースに対して先制攻撃することでストッパーを担うことができる他、Z化を含む『はらだいこ』により『アクアジェット』を勝ち筋に出来るほどに威力を高めることで自身が抜きエースを担うことも可能です。

対策

基本的に回復技がないため、弱点を突くことができるポケモンであれば最悪撃ち合いで勝つことができます。
また、素早さに努力値を回す余裕があまりなく、先制技もないことから終盤まで温存しておく旨味もないポケモンであるため、電気の一貫性を通すための脆弱性として有効に利用してしまうのも手でしょう。
カプ・レヒレに対して有効な打点の少ないような穴構築となってしまえば、積み技、毒による突破はほぼ不可能であり、逆に積み技『めいそう』で詰まされかねないため、レヒレだけではなく耐久が高いポケモンを多く有する水タイプ全般を突破する手段は必須です。



◆技考察

・攻撃技

ムーンフォース:

悪、ドラゴンタイプに対する遂行技です。『覚えているかもしれない』というブラフだけでも十分流せますが、汎用性の高い攻撃技のため、優先度は高いでしょう。

なみのり:

他の水タイプと違い、遂行時にはほぼ確実にミストフィールドが展開されているため『ねっとう』との相性は悪く、岩、地面、鋼タイプへの遂行技は波乗りが安定です。

しおみず:

相手のHPが半分以下のとき威力が倍になるため、『しぜんのいかり』、『ステルスロック』と相性が良く、特に呼んだポケモンに対して素早さで上回っていれば威力130の役割破壊技に化けます。素の威力は低いため、採用は計画的に。

れいとうビーム:

4倍弱点を突ければムーンフォースを上回る威力をもってドラゴンタイプに対する遂行技とすることができ、草タイプに一貫します。

しぜんのいかり:

純粋な役割遂行を求められる場合がほとんどであり、フィールドが火力補正を含まないカプ・レヒレは『しぜんのいかり』と最も相性の良い土地神でしょう。たまに外れるため、当てる練習をしておきましょう。

・補助技

くろいきり:

任意のタイミングでZ化して使うことで一度だけHPを100%回復でき、自身が状態異常になる機会も少なく、疑似『ねむカゴ』として使うことができます。通常、能力変化をリセットする技なので、バトン構築に対する回答の1つとしての採用理由もあります。

めいそう:

個人的にはあまり強いイメージはありませんが、レヒレが刺さる状況を作ることができれば、瞑想を積むだけで勝ちに持ち込める展開もあるでしょう。

リフレクター:

シャワーズにはできない壁サポートが可能です。

ひかりのかべ:

両張りできます。

きりばらい:

『オーロラベール』を含む相手の壁だけではなく、互いの場の『ステルスロック』などの設置技を除去する若干使い勝手の悪い『こうそくスピン』として使うことができます。

ちょうはつ:

呼ぶ可能性のあるエアームド及び、回復技持ち高耐久ポケモンに対して優位性をとることのできる技です。使用する場合は多少Sに振っておくと吉です。全ての技に言えますが技スペースが若干足りてないポケモンです。

いばる:

弱体化が痛いですが、挑発と並び、呼ぶフシギバナからの負担を軽減する技です。

◆型考察

・役割遂行型

性格:ずぶといorおだやか
努力値:HB or HD
持ち物:コオリZ/たべのこし/とつげきチョッキ/フィラのみ
技構成:しぜんのいかり/ムーンフォース/なみのり/くろいきり
選択技:れいとうビーム/ちょうはつ

ドラゴンへの高速遂行となるムンフォor冷凍はほぼ必須ですが、カバルドンなど遂行速度をそこまで重要視しないポケモンに対する遂行技は怒りで事足りるでしょう。特に序盤はそれらのポケモンとの撃ち合いにはなりにくく、むしろ呼ぶポケモンに対して技が命中するため、波乗りは、全てのポケモンに対してHPを半分削りとれる自然の怒りに技範囲で劣ることから、選択技を採用するポスト自由枠としての色が強いです。
繰り出し性能を高める『とつげきチョッキ』は攻撃技オンリー構成になるため、多少Cに振って確定数を精査しましょう。

・眼鏡型

性格:ひかえめ
努力値:HC or CS
持ち物:こだわりメガネ
技構成:ハイドロポンプ/ムーンフォース/れいとうビーム/シャドーボール
選択技:めざめるパワー電/しぜんのいかり

耐性と数値を活かして繰り出して、エアームドなどの耐久ポケモンに対し眼鏡火力による役割破壊を狙います。
問題はサイコを覚えないためフシギバナに安定して役割を持たれてしまうことでしょう。
めざ電は同じ水タイプに対して有効です。
C110のシャワーズが同じことをして数値がギリギリのラインなので弱いかもしれません。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。