カプ・テテフ 育成論

   2018/02/25





786
タイプ:エスパー/フェアリー
特性:サイコメイカー
種族値:70/85/75/130/115/95

◆概論

特徴

土地神ポケモンのひとつ。
種族値的には特殊に優れており、Cの高さと特性『サイコメイカー』によるエスパー技の威力補正が強力として早くも注目を浴びています。
エスパーとフェアリーがほとんど相殺し合う形となっており、他の土地神やフェアリータイプとして見ると、耐性としてはあまりいい複合ではなく、基本的に役割は持てません。
特性で場に出た瞬間から発動する『サイコフィールド』の特典として、飛行タイプや特性『ふゆう』を持っていないポケモンは先制技を受けなくなります。
これにより、『先制技に弱いものの積み技さえ積めれば強力』だったポケモンのサポート及び、自身が抜き態勢に入った際先制技で止められてしまう危険性を排除することが可能です。
また、このフィールドには自身にも大きな恩恵があり、エスパー技の火力が跳ね上がることから、等倍以上であれば確2で大概倒せてしまうこと、S勝ちしてれば先制技を受けないことによるタイマン性能の向上が図れます。
役割を持てないことから、『こだわりスカーフ』を持ってエスパー技で抜いていく若しくは、『とつげきチョッキ』により、特殊に対する繰り出し性能を上げ、場に出る機会を増やすようにしましょう。
若しくは、Z技により呼ぶポケモンのほとんどに瀕死級の大ダメージを狙えるため、仮想敵の中でも構築全体で重いポケモンを役割破壊できる技をZ化させましょう。

対策

一度降臨を許すと、こちらの手持ちを1匹失いかねない崩し性能を持っています。
エスパーフェアリーともに半減できることから、鋼タイプのポケモンを採用して役割を持たせることがまず考えられますが、厄介なのが土地神専用技『しぜんのいかり』でしょう。
C130/S95と決して流しやすいとは言えないパラメータを持ちながら、ギルガルド、メタグロスに有効なシャドーボールによる役割破壊を可能としており、先制技で蓄積を入れようにもフィールドに阻止されてしまいます。
また、『こだわりメガネ』との相性も良く、エスパー技に限りラティオスよりも高い火力を実現できます。その火力たるやステロ込みでハピナスに後出しを許さないほどのもので、エスパーを半減できないポケモンはSで上回りかつ一撃耐えてこちらの攻撃も一撃圏内でない限り後出しが不可能です。
そのため、スカーフの有無を判断しつつ、序中盤にあまり自由にさせない立ち回りや、終盤における素早さのアドバンテージをとる立ち回りが要求されます。



◆技考察

・攻撃技

サイコキネシス:

サイコフィールドにより、威力1.5倍の強力な技となります。悪鋼タイプに注意しましょう。フェアリー半減の毒に刺さるのが凶悪です。

サイコショック:

BがDよりも高いハピナスといったポケモンに対して有効です。

ムーンフォース:

悪タイプに有効な補完技であり、タイプ一致技です。スカーフであればドラゴン技に繰り出しながら切り返すことも可能です。

シャドーボール:

鋼に等倍であり、明確な仮想敵ともいえるギルガルドやメタグロス、クレセリアといった霊超に強い技です。怒りで蓄積しておけば圏内に入れやすいでしょう。特化エアームドに最低26%入るので、怒りZから倒せます。また、控えめでもギルガルドが乱数3発です。

しぜんのいかり:

序中盤に選択する技として非常に強力な技です。タイプに限らず相手のHPを半分にします。

きあいだま:

鋼や悪など、エスパーの通りが悪いポケモンに悉く刺さる最強のサブウェポンです。これがある限りテテフに後出しできるポケモンはほとんどいなくなりますが、躱しやすい技でもあります。凶悪すぎてZ化禁止級です。

めざめるパワー炎:

本来役割を持たれてしまうハッサムやナットレイへの優位性を失わないための補完技です。拘りアイテムを持たなければ、テテフよりも遅いポケモンに対して柔軟に火力を押し付けることができます。

めざめるパワー地面:

ハッサムやナットレイではなく、ヒードランを意識した技です。地味にバンギラスにも抜群なので、腐りにくい技です。

10まんボルト:

鋼等倍の技です。エアームドを自身で手っ取り早く倒すための技でしょう。

・補助技

めいそう:

繰り出し性能が高いわけでもなければ、回復技もなく場に出た後数ターンの制圧力が高いポケモンというわけでもないため、抜き性能が欲しいのであれば素早さを補えるスカーフが欲しくなるわけで、相性はさほど良くありません。

・Z技

ラブリースターインパクト:

特殊耐久特化したバンギラスを役割破壊しやすくするための技です。最低75%入ります。
H振りのクレセリアにも6割は入るので、等倍以上で刺さりやすいことを考えると、役割破壊技として優秀でしょう。

ぜんりょくむそうげきれつけん:

気合ボールを強化することで、無限の技範囲を得ることができるようになります。世界一の格闘家!ビシバシビシバシドーン!!

むげんあんやへのいざない:

カクトウZをもってしても仕留められないギルガルドに刺さります。耐久オバケのクレセリアにも刺さるので範囲は決して狭くありません。

ガーディアン・デ・アローラ:

仮想敵に対して交代際に当てることができるならば、残りの技スぺ次第では後出しされたポケモンを悉く吹き飛ばします。ナットレイ、ヒードランには激烈拳のほうが確実です。

◆型考察

・基本型

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:CS
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/各種Zクリスタル
技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/しぜんのいかり/シャドーボール
選択技:10まんボルト/めざめるパワー炎

とんボルトで場に繰り出し、受けにくさを利用した崩しを行えるポケモンです。
素早さが高ければ高いほど勝てるポケモンが増える性質上、役割を持てないのに耐久に振ってしまうよりはCS極振りのほうが安定します。また、控えめでも最速ヒードランは抜けているので、持ち物に限らず控えめでいいでしょう。
スカーフであれば、エスパーの一貫性が生まれたときに抜きエースとしても活躍できます。
チョッキも繰り出し性能を上げる分には優秀ですが、結局等倍での繰り出しになるためガッツリ硬いわけでもなく、それならば無償降臨を図るほうが建設的だし、Zクリスタルで耐久ポケモンを吹き飛ばした方が、自身の技の通りと、他の抜きエースの通りが良くなるので強いです。
フィールドが残れば、接地している抜きエースに先制技が入らなくなるため、恩恵を受けつつも、こちらも先制技を出せなくなることを留意した立ち回りを心がけましょう。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。