グラードン 育成論

 






タイプ:じめん/ほのお
特性:おわりのだいち
種族値:100/180/160/150/90/90

◆概論

特徴

ホウエン地方超古代ポケモンがひとつ。
『べにいろのたま』を持たせたグラードンを場に出すことでゲンシカイキし、特性が『おわりのだいち』に変化して、炎タイプが追加されます。通常グラードンはゲンシグラードンの劣化です。
異常気象3すくみポケモンの中で最も強化具合が顕著に表れているのがグラードンだと思っていて、終わりの大地により、水タイプの攻撃が全て蒸発し無効にできることから実質弱点は地面のみとなり倒すのが非常に困難となります。
また、炎タイプが追加されたことで、天候による技威力アップの恩恵を受けられるようになったため、物理一本でいくのではなく、繰り出し性能を活かして低リスクで場に降臨し、地面技はもちろんのこと高威力の『ふんか』や『オーバーヒート』といった炎技を思う存分奮うことで、相手に負担をかけることができます。

物理耐久が非常に高く、メガレックウザの攻撃を余裕をもって1耐えできます。
が、役割理論的にメガレックウザのほうが優勢であり、天候勝ちしていないと逆にこちらが有効打を持たない状態となってしまいます。
ともあれ、物理耐久には絶対的な自信があるということや、電気の一貫を切りながら、炎複合という都合上電気タイプの持つサブウェポンに弱点が引っ掛からないことから電気タイプに滅法強く、場に出るための起点にすることができ、繰り出し性能が非常に高いです。
また、本来弱点を突かれてしまう水タイプもゲンシカイキすれば無効にできるので、サブウェポンの氷技が痛くないので、水タイプにも役割を持てます。
素早さが大して高くないので、繰り出しやすさを活かしてガンガン負担を掛けに行くほか、枠的に勿体ない気もしますが『ステルスロック』を撒くなど、搦め手を使っていくのも面白いでしょう。

対策

地震で弱点を突こうにも物理耐久が高く一撃で倒すのは難しいので非常に厄介です。ゲンシカイオーガを後出しして真顔で水技を撃つのが手っ取り早いですが、それでは構築の自由度を欠きます。
物理一本で攻めてきてくれればクレセリアで比較的楽に役割を持てますが、不意の噴火を食らってしまうとそのまま崩されかねないので、道連れなどで強引に1:1交換を狙うのも1つの手ですし、グラードンを呼ぶポケモンに毒や地面技を仕込み、こちらのエースの圏内に入れるという基本的な立ち回りで被害を最小限に抑えたいところです。



◆技考察

・攻撃技

だんがいのつるぎ:

命中安定の地震とさほど威力は変わらないので、仮想敵のダメ計次第ですが相互互換と見ていいでしょう。

ほのおのパンチ:

炎物理技はこれだけ。
素の威力は低いものの天候補正があればまぁまぁの威力になります。

ストーンエッジ:

レックウザに半減されない技のひとつで、天候勝ちできれば抜群も狙えます。
地面炎の穴を上手く埋めてくれるサブウェポン。

がんせきふうじ:

威力を重視しない岩技で、起点回避にも一役買いますが、こうも攻撃が高いポケモンだと普通に殴った方が強そうです。

ドラゴンクロー:

天候に左右されずにレックウザに有効打を持てる技です。ステロ込み中乱数1発。
ボーマンダにもそこそこ入ります。

ふんか:

クレセリアのような物理の数値受けに致命傷を与える高威力の炎特殊技です。
HPに威力を依存しているため、オーバーヒート、文字と選択です。

ソーラービーム:

異常気象以外に上書きされない晴れ下で溜め無しで放てる水タイプへの役割破壊技です。

・補助技

おにび:

レックウザやボーマンダといった物理ポケモンに隙が無いとは言い難く、攻撃技の通りもさほど良くないため、牽制技として使えます。

どくどく:

攻撃を下げることはできませんが、ダメージスリップが大きく、耐久ポケモン全般にも効果的に刺さります。

つるぎのまい:

決定力を上げます。
積むことで耐性受けが難しくなりますが、全抜きタイプではないので使いどころが難しいです。

ロックカット:

技の一貫性を生み出すことが出来れば、素早さを倍加して〆に持ち込めます。

ステルスロック:

グラードンに撒かせるのは勿体ないような気もしますが、繰り出し性能が高いため使うタイミングは作りやすいです。

◆型考察

・基本型

性格:いじっぱり/やんちゃ
努力値:HA or AS
持ち物:べにいろのたま
技構成:だんがいのつるぎ/ドラゴンクロー/ほのおのパンチ
選択技:ふんか/ソーラービーム/つるぎのまい/ロックカット/ステルスロック/どくどく

場に出る機会をたくさん作って、断崖噴火で火力を押し付けましょう。
抜きを求めるのであればロックカットも欲しいところです。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。