【シングル66】第1回(?)湧泉杯 使用構築

   2018/02/25

皆さん、お久しぶりです!
わいたろうさん主催、涌泉杯に参加したので、使用した構築の記事で更新していきます!!
3DS環境3度目のシングル66大会出場となりますが、毎回予選抜けして、決勝トーナメント1戦目で敗北するという、逃れられない運命をまたしても受け入れてしまいました!
なので、結果としてはベスト4ですが、満足した結果を得ることが出来なかったので、構築のアウトプットをするとともに、次回大会に繋げていきたいと思います。



雑感

今回書いていくのは予選で使用した構築となります。
ボーマンダとカプ・コケコで崩して、メガバンギラスで抜いていくというコンセプトで組んでみました。
ドリュウズがいなくなっただけで、どうするよ杯で使用していたポケモンが被りまくってますが、僕の好きなポケモンが元々多めに入っているので、どうしても代わり映えがしないんですよねw
結局準決勝ではドリュウズが入ってきているので、ここが僕の構築の限界なのかもしれません。
次は思い切って他のポケモンを使ってみようかな~

ポケモン解説

◆ボーマンダ

373
性格:いじっぱり
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:げきりん/ねごと/じしん/ほのおのキバ

いつもボーマンダを使っていて思うのは、66最強という名は最早風化しているのでは……ということです。
というのも、あまりに制圧力が高すぎて当然対策の眼が厳しくなってしまっていることから、メガボーマンダを動かしていくのが非常に難しいんですね。
少しでも隙を見せてしまうと負けに直結してしまうことから、あれ?やっぱり強くね?
つまり何が言いたいかっていうと、メガボーマンダに対して繰り出されるクレセリアに対して想定外の火力をぶつけるために、敢えてメガシンカせずに鉢巻逆鱗を奮っていきます。
スキン捨て身より若干指数が高いので、ステロを撒いておくことが出来れば受けの成立はほぼあり得ません。
ボーマンダに役割を持っているポケモンがテッカグヤ、エアームドであればノータイムで牙を選択します。
後述のコケコと一緒に相手の数値受けを崩していくポケモンとしての採用となりました。

◆カプ・コケコ


性格:おくびょう
持ち物:ヒコウZ
技構成:ワイルドボルト/ブレイブバード/しぜんのいかり/ボルトチェンジ

崩し担当2枚目です。
ボーマンダをドラゴンタイプとして使う以上、メガフシギバナに対する突破が難しくなってしまうため、有利対面を取ってからの自然の怒りからメガバナをブレバZで吹き飛ばします。
他の2枠がどちらも電気技なので、電気の一貫を切ってくる地面タイプが非常に辛かったです。
役割破壊として採用するのであればそこまで面倒を見るべきだったのかなと、後悔してます。

◆ゴウカザル


性格:やんちゃ
持ち物:シュカのみ
技構成:インファイト/オーバーヒート/ちょうはつ/とんぼがえり

文字通りの地雷枠です。
自分で埋めた地雷で五体不満足になるとは情けない。
実際そこまで活躍しなかったのかと問われるとそうとも言えないんですけど、代わりはいくらでもいます。
ただ、ゴウカザルが一番好きなポケモンなので、一度でいいから使ってみたい人生でした。
先発からステロを撒いてくるマンムーのみ絶対殺すマンとして、インファで大体のマンムーをワンパン及び、地震+礫を耐えられるようにしてます。
有利対面を継続させることができる蜻蛉と、マンムーのステロからボーマンダの竜舞に一貫する挑発を挿しました。
一芸だけしかできず、その一芸もステロで一度引っこめると礫まで耐えられず、当然後出しが効くポケモンでもないので、大会で使用することはもうないでしょう。
ただ、猿がいても予選突破できたのは嬉しかったです。

◆バンギラス


性格:ようき
持ち物:バンギラスナイト
技構成:ダメおし/じしん/ストーンエッジ/りゅうのまい

今回のメガ枠です。
クレセリア、メガフシギバナを突破してしまえばかなり通しやすくなるかと思っての採用ですが、全体的にフェローチェが重く、一舞しても抜けないポケモンがいるのはとてもしんどいです。
あと、なかなかステロを撒かせてもらえず、ダメ押しが活きなかった、というかホントにステロでダメ押しの威力上がるのか不安になるぐらい威力低かったです(ひょっとして適応外?)。
ただ、メガバンギラスの数値が尋常じゃなく高いので、ストーンエッジを選択しているだけでもかなり圧力をかけることができたし、今大会で僕のバンギラスは一度もエッジをスポーンしなかったので、そこは評価してあげたいです。
ただ、やっぱりエッジ選択するときはとっても怖いですね。

◆クレセリア


性格:ずぶとい
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:でんじは/れいとうビーム/つきのひかり/みかづきのまい

ボーマンダ対策枠です。
自分で使っているボーマンダを受けられないのに、対策としているあたりあまりいい気分はしませんでしたが、バンギラス同様数値だけは信用していいですね。
先発以外のマンムーの引き先としても用意していたのですが、あらゆる要素が対マンムーに関わっていないので、繰り出した後悶々としてしまいました。
あと、ダメージ感覚が分かっておらず、無駄に三日月を押してしまうなど、クレセリアからプレミが発生しがちだったので、採用前にもっと洗練すべきでした。
キャッチが怖いので、ゴチルゼルなどが控えていた場合には何もせずにバンギラスに引こうと決めていました。
追い討ちはないけれど……

◆ナットレイ


性格:なまいき
持ち物:たべのこし
技構成:はたきおとす/ステルスロック/やどりぎのタネ/まもる

ステロ枠と雨対策を兼ねての採用です。
縛られることが多く、ステロがなかなか撒けず、抜け殻を持たせていないため、ジバコがいるときが壮絶でした。
このポケモンもあまり活躍できなかった印象があるので、まだまだ改良の余地あり、といったところでしょうか。
ただ、クレセリアのゴツメとナットレイの棘を駆使してフェローチェに抗っていたときはなんか面白かったですw

評価

サイクルよりも崩しに重きを置きたかったのに、その崩しもあまりうまく決められず、構築としてはやっぱりまだまだ未熟なのかなと毎度のことながら思ってしまいました。
ただ、変なギミックを使うよりも、とにかく攻める戦い方がしたいので、このコンセプトは譲らずに、改良を続けていきたいと思います。
立ち回りにも気を付けていれば、もう一勝ぐらい拾えていた気もするので、本大会は非常に有意義なものになったと思います。
近々、別の大会が控えていますので、66に興味のある方は是非参加してみてください!!
書いていませんでしたが、涌泉杯は賞金も発生します!

いちおう下にリンクを貼っておくので、要チェックですよ!!

第6~7世代史上最大規模となるか!?
賞金一万円のシングル66大会!!








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。