マリルリ 育成論

   2018/02/25





184
タイプ:みず/フェアリー
特性:ちからもち/あついしぼう
夢特性:そうしょく
種族値:100/50/80/60/80/50

◆概論

特徴

種族値だけ見ると、耐久はそこそこだけどなんかパッとしないなぁ程度のポケモンですが、特性『ちからもち』により攻撃の数値が倍になるため、特化すればボーマンダの攻撃力を超えることになります。また、第6世代よりフェアリータイプが追加されたので、悪・闘を半減し、竜を半減することができるようになり繰り出し性能が高くなりました。さらに、遺伝システムの変更により『アクアジェット』と『はらだいこ』の両立が可能になったことで、素早さが低くても十分な抜き性能を得たため、世代交代により一気にメジャーへの階段を駆け上がったポケモンでしょう。
現環境では、耐性を活かしてサザンドラやバシャーモに繰り出し、高い攻撃力で相手に負担をかけていく、若しくは腹太鼓を使って勝ち筋を担う、2つの型に大別され活躍しています。役割を持てる相手としては、上記に加え、カバルドンやバンギラスなど、抜群で技を通せたり、半減できる技を持つポケモンですが、回復技がないため耐久水のようにガンガン繰り出してしまうと過労死してしまうので、アクアジェットが通せそうな展開が作れるのであればできるだけ温存し、通せないような構築であれば多少無理に使ってでも負担をかけにいくといいでしょう。
ちなみに覚える物理攻撃技が軒並み接触技になので、ゴツゴツメットやキングシールドに気を付けましょう。

対策

水・フェアリー技が基本になるので、フシギバナやナットレイなどの草タイプ、ドククラゲといった両タイプに耐性を持つポケモンが役割を持ちやすいです。特にメガフシギバナはマリルリが使うほぼすべての技に耐性を持っているため突破はされないでしょう。ピクシーやヌオーなど、特性『てんねん』を持つポケモンであれば腹太鼓はもちろん他のポケモンの積み技に対する対策にもなるため一考の余地がありますが、ピクシーに関しては耐性がなく数値も若干足りていないので、A特化でじゃれつかれると最大49%もっていかれてしまい繰り出しは安定しません。
サザンドラやバシャーモがいればほぼ確実に呼び込めるので、これらのポケモンに役割破壊の手段を仕込むのもいいでしょう。かなりメジャーなポケモンなので、万全の態勢をとる必要はないにしてもパーティ構築の際は、腹太鼓(及び積み技もろもろ)の隙を作らせにくい構築、役割を持てるポケモンの採用を考えておきましょう。



◆技考察

・攻撃技

アクアジェット:

腹太鼓を使うことで、等倍であればH振りのラグラージより低い耐久のポケモンはほぼ一撃で倒すことが出来るので、勝ち筋に据えるだけのポテンシャルがあります。鉢巻ならラグラージに3割半といったところです。

たきのぼり:

素早さが低いので追加効果の発動はしにくいですが、タイプ一致で命中 100% の技なので非常に安定したメインウェポンとなります。岩・地面・炎タイプへの遂行技です。

アクアテール:

外さないなら威力が 10 高いこちらを採用しましょう。

じゃれつく:

悪・ドラゴンへの遂行技であり、半減されにくいメインウェポンその2。鉢巻があればH振りのメガフシギバナなら3割半は見込めるので、苦し紛れに撃てば後続のエースの圏内に入れやすくなるでしょう。

れいとうパンチ:

じゃれつけるのでドラゴンに対しての採用理由は薄いものの、命中安定で草への牽制にもなるので不要な技ではありません。サンダーなど仮想敵もいます。

はたきおとす:

鉢巻込みならメガフシギバナに唯一まともなダメージが入る技で、H振りであれば5割ほど削ることが出来ます。他のポケモンに対しても持ち物を無効化できる効果が強力なので優秀なサブウェポンになります。

ばかぢから:

連打はできないものの、ナットレイに大ダメージを与えるため役割破壊技として優秀ですが、呼ぶ毒タイプに半減されてしまうので一貫性は低めです。

・補助技

はらだいこ:

隙が出来る可能性もあるので、チョッキじゃなければとりあえず覚えさせておいてもいいでしょう。基本的にアクジェが通らないポケモンを倒せばゲームエンドできる可能性がグッと高まります。

どくどく:

技による負担が大きいため、一致技耐性持ちの毒・鋼を呼びやすく一貫性も実用性も高くないのでマリルリにはあまり適さない技でしょう。

◆型考察

・役割遂行型

性格:いじっぱり/しんちょう
努力値:HA or AS or HD
持ち物:オボンのみ/こだわりハチマキ/とつげきチョッキ
技構成:アクアジェット/たきのぼり/じゃれつく/はたきおとす
選択技:れいとうパンチ/ばかぢから/はらだいこ

主にサザンドラに繰り出して負担をかけにいきます。突撃チョッキはサザンドラをはじめとする特殊悪からの被ダメを大きく減らすことができ、補助技を使わないマリルリにはピッタリのアイテムです。オボンはステロダメを回収したり、腹太鼓分のHPの確保に貢献します。AS振りがある理由は、あまりSに振ってないエアームドに対して先攻羽休めで粘られないようにするためなので、持ち物は回復が間に合わなくなるように鉢巻にしましょう。無振りのフシギバナも抜くことはできますが、ちょっと振られるだけで準速であれば簡単に抜かれてしまうので期待はしないことです。なお、終盤はアクアジェットで抜いていけるかもしれません。

・腹太鼓型

性格:いじっぱり
努力値:HA or AS (HPは4nにしておくとHPが満タンのとき腹太鼓使用後にオボンが発動します)
持ち物:オボンのみ
技構成:はらだいこ/アクアジェット/たきのぼり/じゃれつく
選択技:はたきおとす/れいとうパンチ/かわらわり

起点づくりをしてもいいですが、拘りサザンドラなどを狙えば簡単にポンポコできます。マリルリを通せそうな構築には温存して如何に積むかシミュレーションしましょう。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。