エンニュート 育成論

   2018/02/25





758

タイプ:どく/ほのお
特性:ふしょく
種族値:68/64/60/111/60/117

◆概論

特徴

ユニーク特性『ふしょく』を持つ毒タイプのニューカマー。
特性により、『どくどく』といった相手を毒状態にする補助技を、本来毒状態にならない毒・鋼タイプに有効化することができます。『毒技をすべて等倍にする』効果なら強力でしたが、性能は控えめに落ち着いています。
種族値を見ると典型的な紙耐久ポケモンで、CSのみ高い数値を誇っています。
繰り出しが効かず、ステルスロックも抜群で入るため場に出るたびにHPの1/4が削られてしまいます。
辛うじてフェアリーを1/4で抑えることができるため、多少努力値を振ればアイテム無しニンフィアの『ハイパーボイス』ならパーセンテージ的に身代わりが耐えます(貫通しますが)。
また、毒炎という組み合わせに加え、貧相なサブウェポンラインナップから察するに、崩しの性能は高いとは言えず、ただでさえ場に出にくいのに『わるだくみ』を積まなければ満足な抜き性能も得られません。

そこで、抜き性能を求めず、相手の毒、鋼を引きずり出し、特性により毒でHPを削って控えの抜きをサポートすることに重きを置きます。
毒鋼が来ずとも、水など耐性的に繰り出せる耐久系ポケモンを呼べれば万々歳でしょう。
安全に繰り出せるフェアリータイプに繰り出しつつ、身代わりから多彩な補助技を使って呼ぶ相手を誤魔化し毒で蓄積していきます。
相手の遂行技を身代わりで防ぎ『かなしばり』や、こちらに負担のかからない技を『アンコール』で流し返す他、期待していたポケモンが来れば『どくどく』で遂行することが可能です。

対策

半減されなければ大概の攻撃で確1を取ることができるため、こちらの〆のタイミングで素早さのアドバンテージを取ってさえおけば何のこともありませんが、『めんえき』といった毒にならない特性以外のすべてのポケモンはもれなく毒状態にされてしまうため、素早さで負けていると流し際に撃たれた毒とみがまもで御陀仏です。
『アロマセラピー』といった状態異常回復技により機能不全に陥りやすいので、戦術の1つとして取り入れておくのも有効です。



◆技考察

・攻撃技

ヘドロウェーブ:

毒状態にすることを考えず、威力を求めるなら断然コチラです。攻撃技の追加効果から毒を入れたいポケモンではないため優先度は火を見るよりも明らかでしょう。

かえんほうしゃ:

草にも強いため、遂行技として採用できますが、草には毒も抜群のため、どちらかと言えば鋼に対する役割破壊技とも言えます。

オーバーヒート:

ただでさえ、場に出しにくいのに撃ち逃げを想定するのもどうかと思います。自身が炎タイプなので呼ぶ鋼もヒードランなどに限定されてくるため、オバヒを撃つ場面想定は難しいでしょう。

りゅうのはどう:

CS極振りであれば、Z化することで無振りのドラゴンをなんとか確1圏内に入れることができます。ボーマンダに関しては流し際に撃たないとS負けしているため当たりませんが、積む機会を与えません。

めざめるパワー氷:

アルティメットドラゴンバーン(竜波)の威力が160なので、ただのめざ氷でドラゴンを確1にすることはできません。とは言えメガボーマンダにMAX95%と低すぎる威力というわけでもありません。

めざめるパワー地:

呼ぶターンに当てることができれば、ヒードランは確2なので安全に処理できます。技スぺがキツいでしょうか。

はたきおとす:

流し際に撃つ技として、身代わりや毒と技スペースを共有します。

・補助技

どくどく:

ほぼすべてのポケモンに有効な必中技です。決定力を投げられたときにリターンが少ないのが玉に瑕です。

みがわり:

読みの比重を減らす他、S勝ちしてれば毒まもの餌食にすることが可能です。

かなしばり:

流し際に身代わりを張っていれば、相手の遂行技を縛れます。

アンコール:

相手の補助技に繰り出し、交換強制力を働かせます。初動に限り、仮に覚えさせてなくても多少のブラフ効果を期待できますが、相手の知識等に依存します。

まもる:

毒々や『くろいヘドロ』と相性が良く、身代わりと交互に撃つだけで相当蓄積することができますが、回復量が少なく等倍以上で入る音技を受けるとそれだけで致命傷です。

ちょうはつ:

積み技を防ぐために撃ちたい技であり、アンコールと違い身代わりで相手の技を見る前に封じることができるため、アンコールよりも能動的です。アンコールはエンニュートを繰り出すタイミングにも関わるため相互互換といったところでしょう。

わるだくみ:

抜き性能を高めますが、メガシンカの仕様変更やカプ・コケコといった素早いトップメタの出現により、容易くストップをかけられてしまう環境に対して向かい風でしょうか。

◆型考察

・役割遂行型

性格:おくびょう
努力値:HS or CS
持ち物:くろいヘドロ
技構成:どくどく/みがわり/まもる/ちょうはつ
選択技:アンコール/ヘドロウェーブ/かえんほうしゃ/めざめるパワー氷

フェアリー耐性を活かして場に繰り出し、毒々で遂行しましょう。
しかしながら、本来の攻撃技による遂行速度には到底及ばず、どちらかと言えば遂行よりも役割破壊を意識した構成となります。攻撃技を覚えさせて毒を搦め手とする構成もアリです。
ちなみに、ニンフィアのメインウェポンが音技のため身代わりを貫通されてしまうのは手痛いところです。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。