アルファ化米を炊いてみた

キャンプ場でお米を炊くのは楽しいけど、めんどくさく感じる時もありますよね。そんなときに便利なのがアルファ化米です。今回は、実際にアルファ化米を炊いて実食してみたので、そのレビューをしていきたいと思います。

アルファ化米とは

炊いたり蒸したりしたお米をドライヤーで急速乾燥させたお米のことで、このように加工されたお米のことをアルファ化米といいます。お米にはデンプンが含まれていますが、実はそのデンプンにはベータ・アルファの2種類の構造があります。

ベータデンプン

炊く前のお米のデンプンの構造を指してベータデンプンといい、この構造のデンプンは腐りにくいという特徴があります。ただし、水に溶けにくく、人が食べても消化しにくいそうです。

アルファデンプン

ベータに対して、こちらは炊いた後のお米のデンプンの構造を指します。性質も正反対で、腐りやすいものの、人が消化しやすくエネルギーに変換しやすいです。また、炊いた後のお米は放置するとデンプン構造がアルファからベータに戻ろうとします。

つまり?

アルファ化米は、急速に乾燥させたことでアルファのデンプン構造を維持したままの状態になり、再調理しても美味しく食べられるというわけです。また、乾燥させているので保存食にも向いており、防災用品の売り場を展開するお店でもよく見かけるようになりました。

早速炊いてみよう

飯盒炊爨がめんどくさいときに代用したいという矮小な願いを叶えるために買ったものなので、調理はとっても楽チンです。お湯を注いで15分ほど待てばそれで完成です。
サトウのごはんも選択肢に入りそうですが、あのサイズの容器を湯せんするとなるとちょっと大きいクッカーが必要になってしまい、電子レンジ調理のときと比べて結構時間がかかってしまいます。アルファ化米も時間は結構かかりますが、お湯さえ沸かせられればいいので、クッカーを小さくできるし、ガスの節約にもなり一石二鳥です。

Lr-0010

今回食べてみたのはモンベルのアルファ化米です。身内ではアルパカと呼んでます笑
開封すると乾燥剤と小さいスプーンが入ってるので、これを取り出して沸かしたお湯を注ぎます。
照明の電球の光色が効いていますが、実際はもっと白っぽいです。見た目は丸みがなくトゲトゲしい感じです。

Lr-0013
Lr-0014

ちょっとお湯が少なかったかもしれないです。お湯を注ぐ前に均しておいて、お湯を注いだら軽く攪拌するといいんじゃないかと思いました。

Lr-0011

コストコで買った水を使ってみました。味覚が発達してないので調理に使っても違いはわからないんですけど、軟水なのでのど越しが良くて飲み水としてはすごくよかったです。結構時間がかかるので、他の物を調理する時間に当てましょう。飯盒炊爨だとクッカーからなかなか目が離せないのでそこがやっぱり楽ですね。

Lr-0015

てな感じで完成です。
ちょっと時間が足りなかったか、お湯が少なかったかで少し固めの仕上がりでした。でも味は炊いたご飯と遜色なくて美味しく食べられます。

Lr-0016

またカレーですよ。
ちなみにこのパッケージは200gのもので、2人でちょうどいい大きさですが一人でたいらげました。流石に多かった笑
もちろん100gのサイズもありますので安心してください。

まとめ

お湯を注ぐだけで作れるので楽だし、味も美味しく普通に食べられます。キャンプというよりはテント泊の登山なんかで活躍しそうですね。大人数のキャンプではお米を炊いた方がおこげも食べられるし絶対楽しいと思います。
というわけで、めんどくさがり屋さんとか失敗したくないときにはアルパカがオススメです。
地震が多くなってきているので、非常食としても一役買うのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

現在コメントは受け付けておりません。

現在トラックバックは受け付けておりません。

error: Content is protected !!