ふもとっぱら オートキャンプ場

5/3, 4 文字通り富士山のふもとにある『ふもとっぱら』オートキャンプ場に行ってきたので、今回は簡単にレビューしていきたいと思います。

ふもとっぱらってどんなとこ?


富士五大湖の1つ、精進湖のちょっと南に位置するとっても広大なキャンプ場です。その広さたるや、GO OUT JAMBOREE 、朝霧ジャムなど万単位で人が集まるイベントも開催できるほどのものになります。
実際、管理棟から敷地の端っこまで歩いて10分はかかってしまいます。
イベントのない日はオートキャンプ場として利用できます。

特徴

Lr-0033
Lr-0008

やっぱりなんといってもその広さです!
オフシーズンなど、あまり人が来ないときを狙って行けば、富士山を眺望できる大草原で落ち着いたキャンプが出来ます。
ボール遊びやドッグランも気を遣わずに楽しめることでしょう。

GWに行くと……

Lr-0069

テントが乱立します笑
これは夕方、雨が降りそうなときに雲の様子を撮影した写真ですが、下の方に無数のテントがあるのがおわかりいただけると思います。
逆にこれだけの来訪者がいてもびくともしないキャパシティを備えているということなのです。

設備とかどうなの?

Lr-0031
Lr-0032

管理棟では薪や消耗品の販売をしており、写真は用意し忘れましたが、管理棟周辺にはお風呂やトイレがあります。
そのため、設備はよくあるキャンプ場と変わらないように思います。

Lr-0025

しかし、敷地があまりにも広いため、サイトが管理棟から離れれば離れるほど不便になってしまうため、このような簡易トイレと洗い場が何ヶ所か配備されています。(これが常設かどうかはわかりません)
利用したのがGW、所謂繁忙期だったため、トイレや水回りの混雑を予想してある程度の準備はしていきましたが、杞憂に終わりました。

雑感

たまにセグウェイが走ってますが、場内は最徐行が義務であり、安全面に対する指導が徹底されています。
まぁ大勢の人が利用するので当たり前っちゃ当たり前ですが、これも安心感に繋がってきます。
直火は禁止なので、焚火したい場合は焚火台などの装備が必要になります。
あと、地味に重要なのはゴミですね。
安心してください、分別をすれば処分してもらえますよ。
指定のゴミ袋も販売しているのでどこかで用意する必要もありません。

富士山が見える大草原でのんびりできて、設備も一通り揃っているので個人的には満足しております。
ちょっとしたエピソードを書いておくと、ご近所さんにハンマーを貸したところ、お礼にと黒毛和牛の肉塊をいただきました。
これがまた柔らかくて美味しかったです。
お返しがどうってわけじゃないんですけど、こういう助け合いって改めていいなぁって思いました。

もちろんキャンプ中常にいいことが起こり続けるわけじゃありません。
今後初めてふもとっぱらを利用するかもしれない方に向けて、いくつか書いておきたいことがあります。

ペグの通りが悪い

場所にもよるのかもしれませんが、僕らが設営した場所は小石が地面に埋まっていて、ジュラルミンの丸棒ペグの大半をやられました。
芝生が生い茂っているので一見柔らかそうな地面に見えますが、ハンマーがないとペグがそもそも潜っていきません。
そんな中、頼りになったのはスノピのソリッドステークでした。
ジュラルミンでは刺さりにくく抜けやすいところでも、比較的刺さりやすくなり、しっかりと打ち込むことで撤収時に抜くのに苦労するくらいしっかりと刺さってくれました。
鋳鉄製で重量があるため、ソロキャンプや登山には向きませんが車が前提のオートキャンプでは頼りになるペグでしょう。
職人が1本1本手打ちで作る、安心と信頼の日本製ですよ。

水はけが悪い

これも場所によりますが、見た目である程度予想ができるので覚えといて損はないと思います。
付近と比べて少しでも高くなっているところ、もしくは排水溝が近くにあるところを選んでサイトを設営しましょう。
2016年5月3日の夜、嵐が来ました。
午前中、あまりにも風が強くてタープの設営を断念したほどの風の強さで、夜間はテントをたたく雨音でなかなか眠れなかった仲間もいます。
翌日早朝4時ごろ、一人別テントで寝ていたHILLEBERG氏に起こされてジッパーを開けると辺り一帯が湖になっていました。
あまりの事態と眠気でしばらく思考が停止しましたが、こりゃマズいと朝っぱらから撤収作業を開始。
幾つかの装備が水にやられてしまいました。
それでも雨予報は知っていたので、夜のうちに大方の荷物を車に積み込んでいたので被害は最小限に抑え込みました。
あんな豪雨もそうそうないとは思いますが、足首が浸かるほど水がたまるとはなかなかのものです。

まとめ

雨の一件で多くの経験値が貯まったんじゃないかと思っております。
・天気予報を見て後片付けのほとんどを夜のうちに終わらせることができた
・ロケーションだけではなく土質などを事前に調べておく
ふもとっぱらは総合的にプラス要素が占めているので、周囲が開けているキャンプ場でのんびりやりたい方にはかなりオススメできるキャンプ場です。
富士山を一望しながらキャンプしたい方、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

現在コメントは受け付けておりません。

現在トラックバックは受け付けておりません。

error: Content is protected !!